高杉晋作の一覧|世界の偉人たちの名言集

高杉晋作

高杉 晋作(たかすぎ しんさく、天保10年8月20日(1839年9月27日)- 慶應3年4月14日(1867年5月17日))は、江戸時代後期の長州藩士。幕末に長州藩の尊王攘夷の志士として活躍した。奇兵隊など諸隊を創設し、長州藩を倒幕に方向付けた。 諱は春風(はるかぜ)。通称は晋作、東一、和助。字は暢夫(ちょうふ)。号は初め楠樹、後に東行と改め、東行狂生、西海一狂生、東洋一狂生とも名乗った。他に些々などがある。変名を谷 潜蔵、谷 梅之助、備後屋助一郎、三谷和助、祝部太郎、宍戸刑馬、西浦松助など。のち、谷 潜蔵と改名。 栄典は贈正四位(1891年(明治24年)4月8日)。 生涯 誕生 長門国萩城下菊屋横丁(現・山口県萩市)に長州藩士・高杉小忠太(大組・200石)・みちの長男として生まれる。武(たけ)、栄(はえ)、光(みつ)の三人の妹がいる。 10歳の頃に疱瘡を患う。漢学塾(吉松塾)を経て、嘉永5年(1852年)に藩校の明倫館に入学。柳生新陰流剣術も学び、のち免許を皆伝される。安政4年(1857年)には吉田松陰が主宰していた松下村塾に入り、久坂玄瑞、吉田稔麿、入江九一とともに松下村塾四天王と呼ばれた。

国のことを考え
自分のことは考えなかった
しかしついに牢に入れられてしまった
世間の人が何と批判しようと構わない
ただ真心を持って静かに神と向かい合うだけである
高杉晋作の名言
人は旧を忘れざるが義の初め
高杉晋作の名言

「これぐらい大したものではない」
と心で唱える
難しくて我慢できないことをこの方法で乗り切る
これは自分の中の神を見つめる心を研ぐ方法である
高杉晋作の名言
天賦のかんによって
その場その場で絵をかいてゆけばよい
高杉晋作の名言
苦しいという言葉だけはどんなことがあっても言わないでおこうじゃないか
高杉晋作の名言
男児が事を成すには時があるのだ
たとえ市井の侠客と呼ばれても
胸にある一片の素の心は全く変わっていない
高杉晋作の名言
茫然と生きてきたことが今となっては恥ずかしい
静かに座って慎んで将来を考える
そんな時に本を読んでみる
すると国に尽くす心が消えていないことが分かった
高杉晋作の名言
どんな事でも周到に考えぬいたすえに行動し
困らぬようにしておく
それでもなおかつ窮地におちた場所でも
「こまった」
とはいわない
困ったといったとたん
人間は知恵も分別も出ないようになってしまう
高杉晋作の名言
苦労する身は厭わねど
苦労し甲斐のあるように
高杉晋作の名言
負けて退く人をよわしと思うなよ
知恵の力の強きゆえなり
高杉晋作の名言
真の楽しみは苦しみの中にこそある
高杉晋作の名言
雑念をやめ静かなときも動くときも心を同じにするのがよい
何かひとつだけのことを考えるならば雑念が自然となくなり
素早く実行できる
高杉晋作の名言
直言実行
傍若無人
死を恐れない気迫があるからこそ
国のために深謀深慮の忠も尽くせるのだ
高杉晋作の名言
天地も人も皆気のみである
気を養えば
人間あとは行動に移すのみだ
高杉晋作の名言

「朝に人としての道を悟ることができれば
その晩に死んでも悔いはない」
という事こそが人の道である
人としての努力をすることもなく
ただ死に向かうのは人の道ではない
高杉晋作の名言
国のために家が潰れても
家などは軽いものである
世間が僕を狂っているといっても構わない
高杉晋作の名言
僕の志は国家を安泰にし
君主の気持ちを安心させることにある
そのために昼も夜も努力する
自分が非難を受けることを考える暇などないのだ
高杉晋作の名言
強い百万の軍勢を恐れなくても
弱い一人の民は恐れるのが武士の本領である
高杉晋作の名言
友人の信頼の度合いは人の死や緊急事態
困難の状況の時に分かる
高杉晋作の名言
同志と共に国を作ろうとしている
曲がった国が真っ直ぐになるのはいつか分からない
その苦労は死んでからじっくりと味わおう
高杉晋作の名言
古くから天下のことを行う者は
大義を本分とし
決して他人に左右されることなく
断固として志を貫く
禍福や死生によって気持ちが揺れ動いたりするものではない
高杉晋作の名言
世間の人々は名誉や利益を追って走っている
そんな時代に利益や名誉を捨てる僕のようなものが他にいるだろうか
僕はたとえ牢で死んでも恨みはない
高杉晋作の名言
過ちを改めれば
それは過ちではないのだ
高杉晋作の名言
戦いは一日早ければ一日の利益がある
まず飛びだすことだ
思案はそれからでいい
高杉晋作の名言
少年の頃
読んだ本に
「学問を成すなら世間から利口と思われる人になるな
世間から愚者と思われる人になれ

とあったので世間から愚者と思われる人になろうと僕は願った
高杉晋作の名言
シャクトリムシのように
身を屈するのも
いずれは龍のように
伸びるためだ
そのためには
奴隷になっても
下僕になっても構わない
高杉晋作の名言
人間というのは困難は共にできる
しかし富貴は共にできない
高杉晋作の名言
人間
窮地におちいるのはよい
意外な方角に活路が見出せるからだ
しかし
死地におちいれば
それでおしまいだ
だから
おれは困ったの一言は吐かない
高杉晋作の名言

カテゴリ

人名検索

文学家

芥川龍之介
スタンダール
オスカー・ワイルド
フランツ・カフカ
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
サマセット・モーム
サン=テグジュペリ
ウィリアム・シェイクスピア
ジョージ・エリオット
瀬戸内寂聴
ヘンリー・デイヴィッド・ソロー
太宰治
アントン・チェーホフ
フョードル・ドストエフスキー
トーベ・ヤンソン
レフ・トルストイ
夏目漱石
バーナード・ショー
アーネスト・ヘミングウェイ
マーク・トウェイン
武者小路実篤
村上春樹
ロバート・フロスト
魯迅
ヘルマン・ヘッセ
ロマン・ロラン
フリードリヒ・フォン・シラー
吉川英治
シャルル・ボードレール
ヴィクトル・ユーゴー
ミゲル・デ・セルバンテス
マルセル・プルースト
リチャード・バック
ルイス・キャロル
イワン・ツルゲーネフ
アルベール・カミュ
ジョン・ミルトン
オノレ・ド・バルザック
石川啄木
小泉八雲

政治家・指導者

マハトマ・ガンディー
キング牧師
ジョージ・ワシントン
ジョン・F・ケネディ
ウィンストン・チャーチル
ネルソン・マンデラ
ベンジャミン・フランクリン
マルコム・X
マーガレット・サッチャー
エイブラハム・リンカーン
トーマス・ジェファーソン
ベンジャミン・ディズレーリ

哲学者・思想家

アリストテレス
ラルフ・ワルド・エマーソン
イマヌエル・カント
マルクス・トゥッリウス・キケロ
孔子
ソクラテス
中村天風
フリードリヒ・ニーチェ
プラトン
フランシス・ベーコン
シャルル・ド・モンテスキュー
ジャン=ジャック・ルソー
ジャン=ポール・サルトル
荘子
ルキウス・アンナエウス・セネカ
ルネ・デカルト
老子
アルトゥル・ショーペンハウアー
セーレン・キェルケゴール
ブレーズ・パスカル
ヴォルテール
ジョン・ロック
ジョン・ラスキン
ウィリアム・ラッセル
トーマス・カーライル
ミシェル・ド・モンテーニュ
アルベルト・シュヴァイツァー
ウィリアム・ジェームズ

俳優・女優・タレント

ウディ・アレン
オードリー・ヘプバーン
キャメロン・ディアス
グレタ・ガルボ
チャールズ・チャップリン
マリリン・モンロー
明石家さんま
石田純一
いかりや長介
石橋貴明
上島竜兵
江頭2:50
有吉弘行
ローラ(ろーら)

芸術家・デザイナー

岡本太郎
ココ・シャネル
フィンセント・ファン・ゴッホ
パブロ・ピカソ
レオナルド・ダ・ヴィンチ
アンディ・ウォーホル
ミケランジェロ・ブオナローティ
ジャン・コクトー
オーギュスト・ロダン

教育家・活動家

エレノア・ルーズベルト
フローレンス・ナイチンゲール
福澤諭吉
ヘレン・ケラー
津田梅子
アンソニー・ロビンズ

音楽家

ジョン・レノン
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
ボブ・ディラン
ボブ・マーリー
マイケル・ジャクソン
美輪明宏
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
矢沢永吉
マイルス・デイヴィス

アスリート

アントニオ猪木
イチロー
王貞治
落合博満
長嶋茂雄
野村克也
本田圭佑
マイケル・ジョーダン
松岡修造
モハメド・アリ
アイルトン・セナ

実業家・経営者

ウォルト・ディズニー
渋沢栄一
スティーブ・ジョブズ
デール・カーネギー
ビル・ゲイツ
ヘンリー・フォード
本田宗一郎
松下幸之助
稲盛和夫
早川徳次
森平茂生
アンドリュー・カーネギー

科学者・発明家

アルベルト・アインシュタイン
ガリレオ・ガリレイ
チャールズ・ダーウィン
トーマス・エジソン
アイザック・ニュートン
野口英世

学者

エーリヒ・フロム
ピーター・ドラッカー
ジークムント・フロイト
マイケル・ポーター

宗教家

ジョセフ・マーフィー
マザー・テレサ
マルティン・ルター
トーマス・フラー

武将・軍人

織田信長
武田信玄
豊臣秀吉
徳川家康
上杉謙信
伊達政宗
ガイウス・ユリウス・カエサル
ナポレオン・ボナパルト
諸葛亮
宮本武蔵
山本五十六

幕末・明治維新

大久保利通
勝海舟
西郷隆盛
坂本龍馬
高杉晋作
吉田松陰

棋士

羽生善治
升田幸三

まんが家

水木しげる

その他

アンネ・フランク
オプラ・ウィンフリー
斎藤茂太
手塚治虫
チャールズ・M・シュルツ

アニメ

新世紀エヴァンゲリオン

テーマ別

恋愛
結婚
失恋
人生
努力
癒し
孤独
誠実
幸福
後悔
道徳
自由
希望
不幸
成功
チャンス
後悔
醜悪
目標
真実
愛情
未来
信頼