西郷隆盛の一覧|世界の偉人たちの名言集

西郷隆盛

西郷 隆盛(さいごう たかもり、旧字体: 西鄕隆盛、文政10年12月7日(1828年1月23日) - 明治10年(1877年)9月24日)は、日本の武士(薩摩藩士)、軍人、政治家。 薩摩国薩摩藩の下級藩士・西郷吉兵衛隆盛の長男。名(諱)は元服時には隆永(たかなが)、のちに武雄、隆盛(たかもり)と改めた。幼名は小吉、通称は吉之介、善兵衛、吉兵衛、吉之助と順次変えた。号は南洲(なんしゅう)。隆盛は父と同名であるが、これは王政復古の章典で位階を授けられる際に親友の吉井友実が誤って父・吉兵衛の名を届けたため、それ以後は父の名を名乗ったためである。一時、西郷三助・菊池源吾・大島三右衛門、大島吉之助などの変名も名乗った。 西郷家の初代は熊本から鹿児島に移り、鹿児島へ来てからの7代目が父・吉兵衛隆盛、8代目が吉之助隆盛である。次弟は戊辰戦争(北越戦争・新潟県長岡市)で戦死した西郷吉二郎(隆廣)、三弟は明治政府の重鎮西郷従道(通称は信吾、号は竜庵)、四弟は西南戦争で戦死した西郷小兵衛(隆雄、隆武)。

道は天地自然の未知なる故
講学の道は敬天愛人を目的とし
身を修する克己をもって終始せよ
己に勝つ極功は
「意なし
必なし
固なし
我なし」
と云えり
西郷隆盛の名言
正論では革命をおこせない
革命をおこすものは僻論である
西郷隆盛の名言
万民の上に位する者
己れを慎み
品行を正しくし
驕奢(きょうしゃ)を戒め
節倹を勉め
職事に勤労して人民の標準となり
下民その勤労を気の毒に思ふ様ならでは
政令は行はれ難し
然るに草創の始に立ちながら
家屋を飾り
衣服を文(かざ)り
美妾を抱へ
蓄財を謀りなば
維新の功業は遂げられ間敷也
西郷隆盛の名言
もうここらでよか
西郷隆盛の名言
事大小となく
正道を踏み至誠を推し
一事の詐謀を用うべからず
西郷隆盛の名言
世のすべての人からけなされても落ち込まず
すべての人から褒められてもうぬぼれるな
西郷隆盛の名言
世の中で
人からそしられたり誉められたりするといったことは
塵のように
儚く消え去ってしまうものである
西郷隆盛の名言
小人は己を利せんと欲し
君子は民を利せんと欲す
己を利する者は私
民を利する者は公なり
公なる者は栄え
私なる者は亡ぶ
西郷隆盛の名言
命もいらず
名もいらず
官位も金もいらぬ人は
始末に困るものなり
この始末に困る人ならでは
艱難(かんなん)をともにして国家の大業は成し得られぬなり
西郷隆盛の名言
志を貫くためには
玉となって砕けることを本懐とすべきであって
志を曲げて瓦となってまで
生きながらえるのは恥とする
西郷隆盛の名言
功のあった人には禄を与えて
能力のある人には位を与えよ
西郷隆盛の名言
およそ思慮は平生
黙座静思の際においてすべし
西郷隆盛の名言
己を尽くして人を咎めず
我が誠の足らざるを常にたずぬるべし
我を愛する心を以って人を愛せ
自己を許すが如く人を許せ
人を責めるが如く自己を責めよ
西郷隆盛の名言
事に当たり
思慮の乏しきを憂うることなかれ
西郷隆盛の名言
急速は事を破り
寧耐は事を成す
西郷隆盛の名言
総じて人は己に勝つをもって成り
自ら愛するをもって敗るるぞ
よく古今の人物を見よ
事業を創起するする人
大抵十に七・八まではよく成し得れども
残りふたつを終るまで成し得る人の希なるは
始めはよく己を慎み
事をも敬するゆえ功も立ち名も顕るるなり
西郷隆盛の名言
我が家の遺法
人知るや否や
児孫のために美田を買はず
西郷隆盛の名言
租税を薄くして
民を裕(ゆたか)にするは
即ち国力を養成する也
西郷隆盛の名言
思い切ってやりなさい
責任は私がとる
西郷隆盛の名言
間違いを改めるとき
自ら間違っていたと気付けばそれでいい
そのことを捨てて
ただちに一歩を踏み出すべし
間違いを悔しく思い
取り繕うと心配することは
たとえば茶碗を割り
その欠けたものを合わせてみるようなもので
意味がないことである
西郷隆盛の名言
人間がその知恵を働かせるということは
国家や社会のためである
だがそこには人間としての
「道」
がなければならない
電信を設け
鉄道を敷き
蒸気仕掛けの機械を造る
こういうことは
たしかに耳目を驚かせる
しかし
なぜ電信や鉄道がなくてはならないのか
といった必要の根本を見極めておかなければ
いたずらに開発のための開発に追い込まわされることになる
まして
みだりに外国の盛大を羨んで
利害損得を論じ
家屋の構造から玩具にいたるまで
いちいち外国の真似をして
贅沢の風潮を生じさせ
財産を浪費すれば
国力は疲弊してしまう
それのみならず
人の心も軽薄に流れ
結局は日本そのものが滅んでしまうだろう
西郷隆盛の名言
誠篤ければ
たとい当時知る人無く共
後世必ず知己有るもの也
西郷隆盛の名言
幾たびか辛酸を経て
志ははじめて固まるものだ
西郷隆盛の名言
徳に勤むる者は
これを求めずして
財自から生ず
西郷隆盛の名言
おはんの死と共に
新しか日本がうまれる
強か日本が…
大久保利通の名言
自分ほど西郷隆盛を知っている者はいない
大久保利通の名言

カテゴリ

人名検索

文学家

芥川龍之介
スタンダール
オスカー・ワイルド
フランツ・カフカ
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
サマセット・モーム
サン=テグジュペリ
ウィリアム・シェイクスピア
ジョージ・エリオット
瀬戸内寂聴
ヘンリー・デイヴィッド・ソロー
太宰治
アントン・チェーホフ
フョードル・ドストエフスキー
トーベ・ヤンソン
レフ・トルストイ
夏目漱石
バーナード・ショー
アーネスト・ヘミングウェイ
マーク・トウェイン
武者小路実篤
村上春樹
ロバート・フロスト
魯迅
ヘルマン・ヘッセ
ロマン・ロラン
フリードリヒ・フォン・シラー
吉川英治
シャルル・ボードレール
ヴィクトル・ユーゴー
ミゲル・デ・セルバンテス
マルセル・プルースト
リチャード・バック
ルイス・キャロル
イワン・ツルゲーネフ
アルベール・カミュ
ジョン・ミルトン
オノレ・ド・バルザック
石川啄木
小泉八雲

政治家・指導者

マハトマ・ガンディー
キング牧師
ジョージ・ワシントン
ジョン・F・ケネディ
ウィンストン・チャーチル
ネルソン・マンデラ
ベンジャミン・フランクリン
マルコム・X
マーガレット・サッチャー
エイブラハム・リンカーン
トーマス・ジェファーソン
ベンジャミン・ディズレーリ

哲学者・思想家

アリストテレス
ラルフ・ワルド・エマーソン
イマヌエル・カント
マルクス・トゥッリウス・キケロ
孔子
ソクラテス
中村天風
フリードリヒ・ニーチェ
プラトン
フランシス・ベーコン
シャルル・ド・モンテスキュー
ジャン=ジャック・ルソー
ジャン=ポール・サルトル
荘子
ルキウス・アンナエウス・セネカ
ルネ・デカルト
老子
アルトゥル・ショーペンハウアー
セーレン・キェルケゴール
ブレーズ・パスカル
ヴォルテール
ジョン・ロック
ジョン・ラスキン
ウィリアム・ラッセル
トーマス・カーライル
ミシェル・ド・モンテーニュ
アルベルト・シュヴァイツァー
ウィリアム・ジェームズ

俳優・女優・タレント

ウディ・アレン
オードリー・ヘプバーン
キャメロン・ディアス
グレタ・ガルボ
チャールズ・チャップリン
マリリン・モンロー
明石家さんま
石田純一
いかりや長介
石橋貴明
上島竜兵
江頭2:50
有吉弘行
ローラ(ろーら)

芸術家・デザイナー

岡本太郎
ココ・シャネル
フィンセント・ファン・ゴッホ
パブロ・ピカソ
レオナルド・ダ・ヴィンチ
アンディ・ウォーホル
ミケランジェロ・ブオナローティ
ジャン・コクトー
オーギュスト・ロダン

教育家・活動家

エレノア・ルーズベルト
フローレンス・ナイチンゲール
福澤諭吉
ヘレン・ケラー
津田梅子
アンソニー・ロビンズ

音楽家

ジョン・レノン
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
ボブ・ディラン
ボブ・マーリー
マイケル・ジャクソン
美輪明宏
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
矢沢永吉
マイルス・デイヴィス

アスリート

アントニオ猪木
イチロー
王貞治
落合博満
長嶋茂雄
野村克也
本田圭佑
マイケル・ジョーダン
松岡修造
モハメド・アリ
アイルトン・セナ

実業家・経営者

ウォルト・ディズニー
渋沢栄一
スティーブ・ジョブズ
デール・カーネギー
ビル・ゲイツ
ヘンリー・フォード
本田宗一郎
松下幸之助
稲盛和夫
早川徳次
森平茂生
アンドリュー・カーネギー

科学者・発明家

アルベルト・アインシュタイン
ガリレオ・ガリレイ
チャールズ・ダーウィン
トーマス・エジソン
アイザック・ニュートン
野口英世

学者

エーリヒ・フロム
ピーター・ドラッカー
ジークムント・フロイト
マイケル・ポーター

宗教家

ジョセフ・マーフィー
マザー・テレサ
マルティン・ルター
トーマス・フラー

武将・軍人

織田信長
武田信玄
豊臣秀吉
徳川家康
上杉謙信
伊達政宗
ガイウス・ユリウス・カエサル
ナポレオン・ボナパルト
諸葛亮
宮本武蔵
山本五十六

幕末・明治維新

大久保利通
勝海舟
西郷隆盛
坂本龍馬
高杉晋作
吉田松陰

棋士

羽生善治
升田幸三

まんが家

水木しげる

その他

アンネ・フランク
オプラ・ウィンフリー
斎藤茂太
手塚治虫
チャールズ・M・シュルツ

アニメ

新世紀エヴァンゲリオン

テーマ別

恋愛
結婚
失恋
人生
努力
癒し
孤独
誠実
幸福
後悔
道徳
自由
希望
不幸
成功
チャンス
後悔
醜悪
目標
真実
愛情
未来
信頼