升田幸三の一覧|世界の偉人たちの名言集

升田幸三

升田 幸三(ますだ こうぞう、1918年3月21日 - 1991年4月5日)は、将棋棋士。実力制第4代名人。広島県双三郡三良坂町(現三次市)生まれ。名前は正しくは「こうそう」と読むが、将棋界では「こうぞう」で通した。木見金治郎九段門下。棋士番号18。三冠独占などの輝かしい戦績は勿論のこと、その独創的な指し手、キャラクター、数々の逸話は、将棋界の歴史を語る上で欠かすことができない。 父栄一、母カツノの四男として生まれる。1932年(昭和7年)2月に「日本一の将棋指し」を目指して家出。家出の時に愛する母の使う物差しの裏に墨でしたためた「この幸三、名人に香車を引いて…」の文言は、後に現実のものとなる(詳細は後述)。 広島市での飲食店やクリーニング店の丁稚奉公など紆余曲折を経て、大阪の木見金治郎八段の門下生となる。同門の先輩には大野源一、角田三男。そして後輩には、終生のライバル大山康晴がいる。初段でプロになるまで(当時のプロ棋士は初段からだった)が長かったが、初段になってからめきめきと頭角を現す。

錯覚いけない
よく見るよろし
升田幸三の名言
人はだれでも特異な存在であり
無から有を創り出す力を授かっている
升田幸三の名言
男は毬であってはならぬ
ちょっと頭をなぜられてはポンとはずみ
指一本触れただけで転がる
はずみそうではずまず
転びそうで踏みとどまるものを持っていなければ男ではない
升田幸三の名言
一心になれる人というのは
自分の人生を完成しますな
世にいう成功者の秘訣というのは
これじゃないかと思う
升田幸三の名言
まぁ生まれ直す事があったらね
2つから3つぐらいまでに将棋を覚えて
もういっぺんやり直してみたいと
今度は丈夫な体でね
名人を角落ちぐらいでね
からかってみるのも面白いと
こう思う
升田幸三の名言
せんじつめていえば
そのもっている欠点を長所にする
これがプロの芸ということになるわけです
升田幸三の名言
棋士は無くてもいい商売だ
だからプロはファンにとって面白い将棋を指す義務がある
升田幸三の名言
時代は変わっても
人間を磨くのは目的に挑戦する苦労だということは変わりません
いまの人も苦労はしてるが
それは物欲を満たす苦労で
自分独特
独創の苦労ではない
どんな世界でも同じだと思う
プロとアマの違いはアマは真似でも通用するが
プロの道は独創
またそうでなきゃ通用しない
だから苦しいが喜びも計り知れない
升田幸三の名言
勝負は
その勝負の前についている
升田幸三の名言
やっぱり狙いをつけた一心さ
ですね
そういうときは
かりに失敗しても
非常にいい経験というか
つぎの知恵になります
升田幸三の名言
おれがにらめば
横には動けぬ銀でも横に動くのだ
升田幸三の名言
大切なのは創造です
人真似を脱し
新しいものをつくり出すところに
進歩が生まれる
升田幸三の名言
僕には不利だ
不可能だといわれるものに挑戦する性癖がある
全部が全部成功するわけではないけれど
それが新型になり
新手を生み
つまり将棋の進歩に繋がる
他の人は安全に先を考えるから先輩の模倣を選ぶ
升田幸三の名言
人生は将棋と同じで
読みの深い者が勝つ
升田幸三の名言
着眼大局 着手小局
升田幸三の名言
イチかバチかのやけっぱちみたいなことをやるのを
勝負師という人があるが
これは間違いです
そういうのは勝負師とはいわない
賭博師という
升田幸三の名言
たどりきて未だ山麓
升田幸三の名言
踏まれても叩かれても
努力さえしつづけていれば
必ずいつかは実を結ぶ
升田幸三の名言
アマチュアは駒を動かしただけなんです

「指した」
ということとは別のことですよ
升田幸三の名言
私は将棋は創作だと考えている
何はともあれ
一歩先に出た方が勝つ
もし一局ごとに新手を出す棋士があれば
彼は不敗の名人になれる
その差はたとえ1秒の何分の一でもいい
専門家というものは
日夜新しい手段を発見するまでに苦しまねばならぬ
升田幸三の名言
一人前になるには50年はかかるんだ
功を焦るな
悲観するな
もっと根を深く張るんだ
根を深く張れ
升田幸三の名言
全局のことでも
また局部
局部のことでも
その一手の差を慎重に
そして最善をつくす人が

「勝ち」
にゆくわけで
一手ぐらいなどといって
気楽にしとるやつが
結局は敗北につながる
升田幸三の名言
歩は素晴らしいものだよ
敵の陣地に行けば金になるけど相手に取られると歩に戻る
こんな合理的ないいものはない
これをうまく使えるやつが名人だ
升田幸三の名言

カテゴリ

人名検索

文学家

芥川龍之介
スタンダール
オスカー・ワイルド
フランツ・カフカ
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
サマセット・モーム
サン=テグジュペリ
ウィリアム・シェイクスピア
ジョージ・エリオット
瀬戸内寂聴
ヘンリー・デイヴィッド・ソロー
太宰治
アントン・チェーホフ
フョードル・ドストエフスキー
トーベ・ヤンソン
レフ・トルストイ
夏目漱石
バーナード・ショー
アーネスト・ヘミングウェイ
マーク・トウェイン
武者小路実篤
村上春樹
ロバート・フロスト
魯迅
ヘルマン・ヘッセ
ロマン・ロラン
フリードリヒ・フォン・シラー
吉川英治
シャルル・ボードレール
ヴィクトル・ユーゴー
ミゲル・デ・セルバンテス
マルセル・プルースト
リチャード・バック
ルイス・キャロル
イワン・ツルゲーネフ
アルベール・カミュ
ジョン・ミルトン
オノレ・ド・バルザック
石川啄木
小泉八雲

政治家・指導者

マハトマ・ガンディー
キング牧師
ジョージ・ワシントン
ジョン・F・ケネディ
ウィンストン・チャーチル
ネルソン・マンデラ
ベンジャミン・フランクリン
マルコム・X
マーガレット・サッチャー
エイブラハム・リンカーン
トーマス・ジェファーソン
ベンジャミン・ディズレーリ

哲学者・思想家

アリストテレス
ラルフ・ワルド・エマーソン
イマヌエル・カント
マルクス・トゥッリウス・キケロ
孔子
ソクラテス
中村天風
フリードリヒ・ニーチェ
プラトン
フランシス・ベーコン
シャルル・ド・モンテスキュー
ジャン=ジャック・ルソー
ジャン=ポール・サルトル
荘子
ルキウス・アンナエウス・セネカ
ルネ・デカルト
老子
アルトゥル・ショーペンハウアー
セーレン・キェルケゴール
ブレーズ・パスカル
ヴォルテール
ジョン・ロック
ジョン・ラスキン
ウィリアム・ラッセル
トーマス・カーライル
ミシェル・ド・モンテーニュ
アルベルト・シュヴァイツァー
ウィリアム・ジェームズ

俳優・女優・タレント

ウディ・アレン
オードリー・ヘプバーン
キャメロン・ディアス
グレタ・ガルボ
チャールズ・チャップリン
マリリン・モンロー
明石家さんま
石田純一
いかりや長介
石橋貴明
上島竜兵
江頭2:50
有吉弘行
ローラ(ろーら)

芸術家・デザイナー

岡本太郎
ココ・シャネル
フィンセント・ファン・ゴッホ
パブロ・ピカソ
レオナルド・ダ・ヴィンチ
アンディ・ウォーホル
ミケランジェロ・ブオナローティ
ジャン・コクトー
オーギュスト・ロダン

教育家・活動家

エレノア・ルーズベルト
フローレンス・ナイチンゲール
福澤諭吉
ヘレン・ケラー
津田梅子
アンソニー・ロビンズ

音楽家

ジョン・レノン
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
ボブ・ディラン
ボブ・マーリー
マイケル・ジャクソン
美輪明宏
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
矢沢永吉
マイルス・デイヴィス

アスリート

アントニオ猪木
イチロー
王貞治
落合博満
長嶋茂雄
野村克也
本田圭佑
マイケル・ジョーダン
松岡修造
モハメド・アリ
アイルトン・セナ

実業家・経営者

ウォルト・ディズニー
渋沢栄一
スティーブ・ジョブズ
デール・カーネギー
ビル・ゲイツ
ヘンリー・フォード
本田宗一郎
松下幸之助
稲盛和夫
早川徳次
森平茂生
アンドリュー・カーネギー

科学者・発明家

アルベルト・アインシュタイン
ガリレオ・ガリレイ
チャールズ・ダーウィン
トーマス・エジソン
アイザック・ニュートン
野口英世

学者

エーリヒ・フロム
ピーター・ドラッカー
ジークムント・フロイト
マイケル・ポーター

宗教家

ジョセフ・マーフィー
マザー・テレサ
マルティン・ルター
トーマス・フラー

武将・軍人

織田信長
武田信玄
豊臣秀吉
徳川家康
上杉謙信
伊達政宗
ガイウス・ユリウス・カエサル
ナポレオン・ボナパルト
諸葛亮
宮本武蔵
山本五十六

幕末・明治維新

大久保利通
勝海舟
西郷隆盛
坂本龍馬
高杉晋作
吉田松陰

棋士

羽生善治
升田幸三

まんが家

水木しげる

その他

アンネ・フランク
オプラ・ウィンフリー
斎藤茂太
手塚治虫
チャールズ・M・シュルツ

アニメ

新世紀エヴァンゲリオン

テーマ別

恋愛
結婚
失恋
人生
努力
癒し
孤独
誠実
幸福
後悔
道徳
自由
希望
不幸
成功
チャンス
後悔
醜悪
目標
真実
愛情
未来
信頼