1. HOME
  2. 夏の季節の花言葉
  3. ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)の花言葉

ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)の花言葉

ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)(英語:Pinkladies Showy evening primrose)

ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)の写真

ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)の写真

アカバナ科マツヨイグサ属のヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)(学名:Oenothera speciosa)は別名をエノテラといいます。日本では昼咲月見草と言った名前が付いており、北アメリカが原産地です。

名前の由来はツキミソウ(月見草)が昼間しぼむのに対して、ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)が昼間にも開花していることから名づけられました。5月から7月頃に、4・5cmくらいの大きさの、白色または薄いピンク色の花を付ける。

花言葉
無言の愛」 「自由な心」 「固く結ばれた愛」 「奥深い愛情
誕生花
[6月21日][7月22日]
英語
Pinkladies Showy evening primrose
学名
Oenothera speciosa
和名/漢字
昼咲月見草
別名
エノテラ
科属名
アカバナ科マツヨイグサ属
原産地
北アメリカ
季節
夏の季節


花に関係する音楽

ジャン・シベリウス:孤独な松の木

ハインリッヒ・リヒナー:忘れな草



その他の夏の季節に咲く花


このページのQRコード QRコード

メールを送る