1. HOME
  2. 夏の季節の花言葉
  3. スベリヒユ(滑莧・滑り莧)の花言葉

スベリヒユ(滑莧・滑り莧)の花言葉

スベリヒユ(滑莧・滑り莧)(英語:Purslane)

スベリヒユ(滑莧・滑り莧)の写真

スベリヒユ(滑莧・滑り莧)の写真

スベリヒユ科のスベリヒユ(滑莧・滑り莧)(学名:Portulaca oleracea)は別名をプルピエ、ヒデリグサといいます。日本ではスベリヒユ、オオスベリヒユ、タチスベリヒユと言った名前が付いており、熱帯アメリカ、南半球(温帯地域、熱帯地域)が原産地です。

毎年5~10月に花を咲かせる多年草。全世界の熱帯から亜熱にかけて広く分布しています。草丈は10~20cmと低めで、地面をはうように広がって茎を伸ばします。葉と花は肉質で、暑さや乾燥に強いことが特徴です。マツバボタンもこの仲間。世界の色々なところでサラダや炒め物などにして食べられていて、山形では「ひょう」沖縄では「ニンブトゥカー(念仏鉦)」と呼ばれて食べられています。「スベリヒユ」は、昔から食用にされており、茹でると粘液がでることから名前が付けられています。中国では生薬名でもある馬歯莧のほか、馬歯菜、五行草、酸莧、豬母菜、地馬菜、馬蛇子菜、長寿菜、老鼠耳、宝釧菜など複数の呼び名がある。開花時期は5月~10月。花色は黄色白色赤色ピンク色オレンジ色紫色、複色。夏の七草

花言葉
無邪気」 「暴れん坊
誕生花
[7月16日][9月26日][9月29日]
英語
Purslane
学名
Portulaca oleracea
和名/漢字
スベリヒユ、オオスベリヒユ、タチスベリヒユ
別名
プルピエ、ヒデリグサ
科属名
スベリヒユ科スベリヒユ属
原産地
熱帯アメリカ、南半球(温帯地域、熱帯地域)
季節
夏の季節

スベリヒユ(滑莧、学名: Portulaca oleracea)は、スベリヒユ科スベリヒユ属の多年生植物。 同属にはマツバボタンなどが知られる。 茎は赤紫色を帯び、地を這って分枝。葉は長円形の肉質で互生。 夏期、枝先に黄色の小さな花を咲かせる。果実は熟すと上部が取れる蓋果で、黒色の種子が落ちる。 C4型光合成を行なうと同時にCAM型光合成(CAM)を行う多肉植物であるため、液胞に蓄積されたリンゴ酸に由来する酸味があり、ぬめりのある独特の食感を持つ。 分布 世界の熱帯から温帯にかけて幅広く分布し、日本全土で見られる。 乾燥耐性があり、畑や路傍など日当たりの良い所に自然に生える。農業においては畑作の害草として知られ、全般的に執拗な雑草として嫌われる傾向にあるが、地域によっては食料として畑作もされる。 和名など 「莧」(草かんむりに「見」)の字を当てる。「スベリヒユ」の名は茹でた際に出るぬめりに由来するとされる。 中国では生薬名でもある後述の馬歯莧のほか、馬歯菜、五行草、酸莧、豬母菜、地馬菜、馬蛇子菜、長寿菜、老鼠耳、宝釧菜など複数の呼び名がある。。



花に関係する音楽

ジャン・シベリウス:孤独な松の木

ハインリッヒ・リヒナー:忘れな草



その他の夏の季節に咲く花


このページのQRコード QRコード

メールを送る