1. HOME
  2. 春の季節の花言葉
  3. フリージアの花言葉

フリージアの花言葉

フリージア(英語:freesia)

フリージアの写真

フリージアの写真

アヤメ科フリージア属のフリージア(学名:Freesia refracta)は別名をコウセツラン(香雪蘭)といいます。日本ではアサギスイセン(浅黄水仙)と言った名前が付いており、南アフリカが原産地です。

開花時期は3月から4月。花色は黄色赤色白色紫色

フリージアの名前の由来はデンマークの植物学者であり薬剤師のクリスチャン・フリードリヒ・エクロン(Christian Friedrich Ecklon 1795 - 1868年)が南アフリカでこの花を見つけました。 そして、彼の親友である南アフリカの植物も研究していたドイツの内科医フリードリヒ・ハインリッヒ・テオドール・フリーゼ(Friedrich Heinrich Theodor Freese 1795 - 1876)を称えて名付けられました。

ベル形の花と甘い、柑橘類の香りのあるフリージアは、最も人気のある香り高い花の一つです。

花言葉
清香」 「慈愛」 「親愛の情」 「期待」 「純潔」 「潔白
誕生花
[1月10日][1月18日][2月2日][2月11日][2月13日][2月27日][2月28日][8月20日]
英語
freesia
学名
Freesia refracta
和名/漢字
アサギスイセン(浅黄水仙)
別名
コウセツラン(香雪蘭)
科属名
アヤメ科フリージア属
原産地
南アフリカ
季節
春の季節

フリージアと関連した植物



花に関係する音楽

ピョートル・チャイコフスキー:「くるみ割り人形」Op.71a 3.花のワルツ

ハインリッヒ・リヒナー:忘れな草



その他の春の季節に咲く花


このページのQRコード QRコード

メールを送る