1. HOME
  2. 夏の季節の花言葉
  3. サトイモ(里芋)の花言葉

サトイモ(里芋)の花言葉

サトイモ(里芋)(英語:Eddoe)

サトイモ(里芋)の写真

サトイモ(里芋)の写真

サトイモ科サトイモ属のサトイモ(里芋)(学名:Colocasia esculenta)は別名を小芋(コイモ)、タロイモ、タイモイエツイモ、ツルノコモ、ハスイモ、ハタイモ(畑芋)、ヤツガシラ(八頭)といいます。日本では里芋と言った名前が付いており、東南アジアが原産地です。

花色は黄色。開花時期は8月~9月。タロイモ類の仲間でサトイモ科の植物。茎の地下部分と、葉柄を食用にし、葉柄は芋茎(ズイキ)と呼ばれる

花言葉
繁栄」 「愛のきらめき」 「無垢の喜び
誕生花
[誕生花のない花]
英語
Eddoe
学名
Colocasia esculenta
和名/漢字
里芋
別名
小芋(コイモ)、タロイモ、タイモイエツイモ、ツルノコモ、ハスイモ、ハタイモ(畑芋)、ヤツガシラ(八頭)
科属名
サトイモ科サトイモ属
原産地
東南アジア
季節
夏の季節

『デジモン一覧』より : デジモン一覧 (あ-さ)では、架空の生命体・デジタルモンスター(通称:デジモン)のうち、あ行からさ行に属するものについて解説する。 あ アーケロモン 『D-3』で初登場。ワームモンが誠実のデジメンタルで進化した姿。性格は穏やかであり、ネットの海を優雅に泳ぐ。攻撃・防御ともにかなり高い。 古代の海亀“アーケロン”をモデルとしており、その甲羅はズドモンが背負っているモノに似ている。 『デジモンクロスウォーズ』に登場した。 アイギオモン 人間の少年のような上半身にヤギの下半身を持った神人型デジモン。 セイレーンモンと同じ楽団に所属しており、戦いを好まない平和的な性格でいつもシュリンクスという笛を吹いて音楽を奏でている。 しかし、彼自身に秘められた力はいまだ未知数で、彼が何かを護るために戦う時には想像以上の戦闘の才能を発揮するという。 アイギオテュースモン アイギオモンの進化形態。子供のようだった頭身が大きく伸び、上半身の胸から頭部にかけて真紅の装甲のようなものがその身体を覆っている。。



花に関係する音楽

田村虎蔵:青葉の笛

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト:すみれ



その他の夏の季節に咲く花


このページのQRコード QRコード

メールを送る