1. HOME
  2. 夏の季節の花言葉
  3. ツユクサ(露草)の花言葉

ツユクサ(露草)の花言葉

ツユクサ(露草)(英語:Dayflower)

ツユクサ(露草)の写真

ツユクサ(露草)の写真

ツユクサ科ツユクサ属のツユクサ(露草)(学名:Commelina communis)は別名をオウセキソウ(鴨跖草)、ツキクサ(着草、着き草)、ウツシグサ(移草)、ホタルグサ(蛍草)、ボウシバナ(帽子花)、アオバナ(青花)、ハナダグサ(縹草)といいます。日本では露草と言った名前が付いており、日本、東アジアが原産地です。

花の名の由来は早朝に咲いた花は午後にはしぼんでしまうことが朝露を連想させることから「露草」と名付けられたという。開花時期は6月~9月。花色は青色

花言葉
尊敬」 「恋の心変わり」 「敬われぬ愛」 「わずかな楽しみ」 「なつかしい関係」 「小夜曲(セレナーデ)
誕生花
[4月12日][5月29日][7月6日][7月28日]
英語
Dayflower
学名
Commelina communis
和名/漢字
露草
別名
オウセキソウ(鴨跖草)、ツキクサ(着草、着き草)、ウツシグサ(移草)、ホタルグサ(蛍草)、ボウシバナ(帽子花)、アオバナ(青花)、ハナダグサ(縹草)
科属名
ツユクサ科ツユクサ属
原産地
日本、東アジア
季節
夏の季節


花に関係する音楽

G.H.ネーゲル:白ばらの匂う夕べは

ハインリッヒ・リヒナー:忘れな草



その他の夏の季節に咲く花


このページのQRコード QRコード

メールを送る