1. HOME
  2. 夏の季節の花言葉
  3. アマドコロ(甘野老)の花言葉

アマドコロ(甘野老)の花言葉

アマドコロ(甘野老)(英語:Solomon's Seal)

アマドコロ(甘野老)の写真

アマドコロ(甘野老)の写真

クサスギカズラ科アマドコロ属のアマドコロ(甘野老)(学名:Polygonatum odoratum)は別名をナルコラン(鳴子蘭)、イズイ(萎蕤といいます。日本では甘野老と言った名前が付いており、日本、朝鮮半島、中国が原産地です。

開花時期は4月~6月。花色は白色。ベルのような花が葉の下に垂れさがって咲きます。花の先端部はミドリがかかっています。アマドコロ(甘野老)の名前の由来は、地中にある根、根茎が苦みのあるヤマノイモ科の蔓性(つるせい)の多年草、トコロ(野老)に似ていて、甘みがあることから名づけられました。

花言葉
元気を出して」 「心の痛みの分かる人」 「小さな思い出
誕生花
[5月23日][6月8日]
英語
Solomon's Seal
学名
Polygonatum odoratum
和名/漢字
甘野老
別名
ナルコラン(鳴子蘭)、イズイ(萎蕤
科属名
クサスギカズラ科アマドコロ属
原産地
日本、朝鮮半島、中国
季節
夏の季節


花に関係する音楽

ジャン・シベリウス:白樺

日本古謡:さくらさくら



その他の夏の季節に咲く花


このページのQRコード QRコード

メールを送る