1. HOME
  2. 夏の季節の花言葉
  3. アスチルベの花言葉

アスチルベの花言葉

アスチルベ(英語:Astilbe)

アスチルベの写真

アスチルベの写真

ユキノシタ科チダケサシ属のアスチルベ(学名:Astilbe × arendsii)は別名をアワモリソウ(泡盛草)、ショウマ(升麻)、アケボノショウマ(曙升麻)といいます。東アジア、北アメリカ が原産地です。

多年草植物。開花時期は5月~9月。花色は赤色ピンク色紫色白色。花の名のスチルベは、ギリシャ語で「輝いていない・地味なこと・美しくない」という意味。しかし、白い花が波立っているようで美しい。名前の由来は、別名のアワモリソウ(泡盛草)は小さな花が泡のように集まっている様子をそのまま表現したようです。

花言葉
恋の訪れ」 「燃える愛」 「自由」 「熱心な気持ち」 「落ち着いた明るさ」 「繊細」 「控えめ」 「控えめな愛
誕生花
[5月12日][5月22日][6月1日][6月28日]
英語
Astilbe
学名
Astilbe × arendsii
和名/漢字
-
別名
アワモリソウ(泡盛草)、ショウマ(升麻)、アケボノショウマ(曙升麻)
科属名
ユキノシタ科チダケサシ属
原産地
東アジア、北アメリカ
季節
夏の季節


花に関係する音楽

ジャン・シベリウス:ピヒラヤの花咲く時

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト:すみれ



その他の夏の季節に咲く花


このページのQRコード QRコード

メールを送る