1. HOME
  2. 秋の季節の花言葉
  3. フジバカマ(藤袴)の花言葉

フジバカマ(藤袴)の花言葉

フジバカマ(藤袴)(英語: Thoroughwort、Joe-Pye weed、Boneset)

フジバカマ(藤袴)の写真

フジバカマ(藤袴)の写真

キク科ヒヨドリバナ属のフジバカマ(藤袴)(学名:Eupatorium japonicum)は別名をカオリグサ(香草)、蘭草(らんそう)、香水蘭(こうすいらん)といいます。日本では藤袴と言った名前が付いており、日本、朝鮮半島、中国が原産地です。

開花時期は8月~11月。花色は白色紫色秋の七草の1つ。昔は日本各地の河原などによく見かけていましたが、今は数を減らし、今では準絶滅危惧種に指定され数を減らしつつある。長くのびた茎の先端に扇状の花を咲かす。この姿がハカマのようなことから「フジバカマ(藤袴)」が名前の由来となっています。

花言葉
あの日を思い出す」 「遅延」 「躊躇」 「ためらい
誕生花
[9月8日][9月14日][9月28日][10月17日][11月6日][11月8日]
英語
Thoroughwort、Joe-Pye weed、Boneset
学名
Eupatorium japonicum
和名/漢字
藤袴
別名
カオリグサ(香草)、蘭草(らんそう)、香水蘭(こうすいらん)
科属名
キク科ヒヨドリバナ属
原産地
日本、朝鮮半島、中国
季節
秋の季節


花に関係する音楽

G.H.ネーゲル:白ばらの匂う夕べは

ピョートル・チャイコフスキー:「くるみ割り人形」Op.71a 3.花のワルツ



その他の秋の季節に咲く花


このページのQRコード QRコード

メールを送る