1. HOME
  2. 秋の季節の花言葉
  3. イネ(稲・稻・禾)の花言葉

イネ(稲・稻・禾)の花言葉

イネ(稲・稻・禾)(英語:Rice)

イネ(稲・稻・禾)の写真

イネ(稲・稻・禾)の写真

イネ科イネ属のイネ(稲・稻・禾)(学名:Oryza sativa)は別名を稲禾(トウカ)、禾稲(カトウ)といいます。日本では稲、稻、禾、アジアイネと言った名前が付いており、インド、東南アジアが原産地です。

昔の七草イネ科イネ属の一年草。収穫物は米と呼ばれます。米はトウモロコシやコムギとともに世界三大穀物の1つ。イネの名の由来は、イヒネ(飯根、飯米)の意味という説や、食糧の他にワラがタタミやタワラ、牛馬の飼料や敷わらなど生活に結びついていたことから命の根(イノチネ)の意味という説があります。開花時期は8月。花色は白色

花言葉
神聖
誕生花
[10月8日][11月3日]
英語
Rice
学名
Oryza sativa
和名/漢字
稲、稻、禾、アジアイネ
別名
稲禾(トウカ)、禾稲(カトウ)
科属名
イネ科イネ属
原産地
インド、東南アジア
季節
秋の季節

イネ(稲、稻、禾)は、イネ科イネ属の植物。属名Oryza は古代ギリシア語由来のラテン語で「米」または「イネ」を意味する。種小名 sativa は「栽培されている」といった意味である。収穫物は米と呼ばれ、トウモロコシやコムギとともに世界三大穀物の1つとなっている。稲禾(とうか)、禾稲(かとう)ともいう。 イネ科イネ属の植物には23種77系統が知られている。このうち20種が野生イネであり、2種が栽培イネである。栽培イネの2種とはアジア栽培イネ(アジアイネ、Oryza sativa)とアフリカ栽培イネ(アフリカイネ、グラベリマイネ、Oryza glaberrima)である。結実後も親株が枯れず株が生き続ける多年生型と枯れ毎年種子で繁殖する一年生型があるが、2型の変位は連続的で中間型集団も多く存在する。原始的栽培型は、一年生型と多年生型の中間的性質を有した野性イネから生じたとする研究がある。なお、いくつかの野生イネは絶滅したとされている。 アジアイネはアジアのほか、広くヨーロッパ、南北アメリカ大陸、オーストラリア、アフリカで栽培されている。。



花に関係する音楽

ジャン・シベリウス:もみの木

ジャン・シベリウス:孤独な松の木



その他の秋の季節に咲く花


このページのQRコード QRコード

メールを送る