1. HOME
  2. 春の季節の花言葉
  3. ツバキ(椿・海柘榴)の花言葉

ツバキ(椿・海柘榴)の花言葉

ツバキ(椿・海柘榴)(英語:Camellia)

ツバキ(椿・海柘榴)の写真

ツバキ(椿・海柘榴)の写真

ツバキ科ツバキ属のツバキ(椿・海柘榴)(学名:Camellia japonica)は別名をヤブツバキ(藪椿) といいます。日本では椿、海柘榴と言った名前が付いており、日本、朝鮮、中国が原産地です。

開花時期は2月~4月。花色は赤色白色ピンク色。名前のつばき(椿・海柘榴)は、厚葉樹(あつばき)、または艶葉樹(つやばき)がなまった説があります。

冬の終わりまたは、春の初めに極小輪(4cm 以下) 、小輪(4~6cm)、中輪(7~9cm) 、大輪(10~12cm)、極大輪(13cm 以上)の花を沢山咲かせます。色は白、黄、ピンクから赤や紫まであり、さまざまなバリエーションもあります。椿は、特に光沢のある緑の葉は昔から鑑賞対象になっていました。

名前の由来

カール・リンネが1753年に植物名を標準化したときに、ゲオルク・ヨーゼフ・カメル 神父にちなんで名付けられました。 皮肉なことに、カメルは植物学者でしたが、彼自身は椿の研究に取り組んでいなかったようです。

椿の花は日本と中国に自生し、何千年もの間、生活の一部でした。実際、中国人は紀元前2737年ごろ、椿を栽培していました。1700年代後半に北アメリカに渡りました。 常緑低木は、濃い緑色の葉に対して色とりどりの花を豊富に咲かせます。低木は通常1mから5mの高さに達しますが、定期的にトリミングしないと6m以上の高さに成長することもあります。花はバラに似ており、一重咲きまたは、八重咲になります。

花言葉
申し分のない愛らしさ」 「理想の愛
誕生花
[1月25日][2月3日][2月4日][11月11日][12月10日]
英語
Camellia
学名
Camellia japonica
和名/漢字
椿、海柘榴
別名
ヤブツバキ(藪椿)
科属名
ツバキ科ツバキ属
原産地
日本、朝鮮、中国
季節
春の季節

ツバキ(椿・海柘榴)と関連した植物



花に関係する音楽

ジャン・シベリウス:もみの木

ピョートル・チャイコフスキー:「くるみ割り人形」Op.71a 3.花のワルツ



その他の春の季節に咲く花


このページのQRコード QRコード

メールを送る