1. HOME
  2. 春の季節の花言葉
  3. ナノハナ(菜の花)/アブラナ(油菜)の花言葉

ナノハナ(菜の花)/アブラナ(油菜)の花言葉

ナノハナ(菜の花)/アブラナ(油菜)(英語:Turnip rape、Chinese colza)

ナノハナ(菜の花)/アブラナ(油菜)の写真

ナノハナ(菜の花)/アブラナ(油菜)の写真

アブラナ科アブラナ属のナノハナ(菜の花)/アブラナ(油菜)(学名:Brassica rapa L. var. nippo-oleifera(syn. B. campestris L.))は別名をナノハナ(菜の花)、ナタネ(菜種)といいます。日本では油菜、菜の花、菜種、赤種と言った名前が付いており、中国、東アジア、南ヨーロッパが原産地です。

開花時期は12月~4月。花色は黄色。アブラナは初春から花を咲かす春の代表といってもよい花。ふつうはアブラナではなく、菜の花と一般的に呼ばれなじまれています。主に食用や油を採取するために栽培されてきた植物ですが、近年は観賞用としても栽培されているようです。

花言葉
活発」 「財産」 「豊かな財力」 「快活」 「快活な愛」 「豊かさ
誕生花
[1月6日][2月6日][2月20日][3月1日][3月7日][3月10日][3月16日][3月27日]
英語
Turnip rape、Chinese colza
学名
Brassica rapa L. var. nippo-oleifera(syn. B. campestris L.)
和名/漢字
油菜、菜の花、菜種、赤種
別名
ナノハナ(菜の花)、ナタネ(菜種)
科属名
アブラナ科アブラナ属
原産地
中国、東アジア、南ヨーロッパ
季節
春の季節


花に関係する音楽

日本古謡:さくらさくら

グスタフ・ランゲ:花の歌



その他の春の季節に咲く花


このページのQRコード QRコード

メールを送る