1. HOME
  2. 春の季節の花言葉
  3. ウメ(梅)の花言葉

ウメ(梅)の花言葉

ウメ(梅)(英語:Japanese apricot)

ウメ(梅)の写真

ウメ(梅)の写真

バラ科サクラ属のウメ(梅)(学名:Prunus mume)は別名を好文木(コウブンボク)、春告草(ハルツゲグサ)、木の花(コノハナ)、初名草(ハツナグサ)、香散見草(カザミグサ)、風待草(カゼマチグサ)、匂草(ニオイグサ)といいます。日本では梅と言った名前が付いており、中国が原産地です。

開花時期は1月~3月。花色は紅色、白色ピンク色。果実は日本人になじみ深い梅干し。「梅は其の日の難逃れ」「梅一輪一輪ほどの暖かさ」「梅は蕾より香あり」「梅は食うとも核(さね)食うな 中に天神寝てござる」など梅にまつわることわざも多い。

花言葉
高潔(心がけだかく清らか)」 「忠義(真心をもって仕える)」 「澄んだ心」 「忠実
誕生花
[1月3日][1月11日][2月1日][2月7日][10月24日]
英語
Japanese apricot
学名
Prunus mume
和名/漢字
別名
好文木(コウブンボク)、春告草(ハルツゲグサ)、木の花(コノハナ)、初名草(ハツナグサ)、香散見草(カザミグサ)、風待草(カゼマチグサ)、匂草(ニオイグサ)
科属名
バラ科サクラ属
原産地
中国
季節
春の季節


花に関係する音楽

ジャン・シベリウス:孤独な松の木

ハインリッヒ・リヒナー:忘れな草



その他の春の季節に咲く花


このページのQRコード QRコード

メールを送る