1. HOME
  2. 春の季節の花言葉
  3. ニワトコ(接骨木・庭常)の花言葉

ニワトコ(接骨木・庭常)の花言葉

ニワトコ(接骨木・庭常)(英語:Japanese red elder)

ニワトコ(接骨木・庭常)の写真

ニワトコ(接骨木・庭常)の写真

スイカズラ科ニワトコ属のニワトコ(接骨木・庭常)(学名:Sambucus racemosa subsp. sieboldiana)は別名をタズノキ、セッコツボクといいます。日本では庭常、接骨木と言った名前が付いており、ヨーロッパ、北アフリカ、南西アジアが原産地です。

開花時期は4~5月ごろ。6~7月に赤い実がつく。

花言葉
熱心」 「熱中」 「憐れみ(かわいそうに思う心)
誕生花
[7月25日][12月12日]
英語
Japanese red elder
学名
Sambucus racemosa subsp. sieboldiana
和名/漢字
庭常、接骨木
別名
タズノキ、セッコツボク
科属名
スイカズラ科ニワトコ属
原産地
ヨーロッパ、北アフリカ、南西アジア
季節
春の季節

ニワトリのヒナの雌雄鑑別(ニワトリのヒナのしゆうかんべつ)とは、生まれたばかりのはニワトリのヒナ(ひよこ ヒヨコ)の性別を鑑別することである。
ニワトリは商業的には性別によって異なる目的で飼育されるが、ヒヨコの性差は非常に少なく雌雄の区別は困難であるため、いくつかの鑑別方法が発達している。また、日本では初生雛鑑別師(しょせいびなかんべつし)というヒヨコの性別の区別についての資格が存在する。
ヒヨコの性別鑑定はほとんどが大規模な商業目的の孵化場で行なわれる。ヒヨコの雌雄を区別することによって、販売用の鶏卵を産むメス (動物) メスと、ほとんどが鶏肉として売るために肥育されるオスとで、早い時期からそれぞれの商業的役割に応じた異なる餌の与え方をするためである。



花に関係する音楽

ジャン・シベリウス:はこやなぎ

ジャン・シベリウス:孤独な松の木



その他の春の季節に咲く花


このページのQRコード QRコード

メールを送る