1. HOME
  2. 夏の季節の花言葉
  3. テンナンショウ(天南星)の花言葉

テンナンショウ(天南星)の花言葉

テンナンショウ(天南星)(英語:Arisaema japonicum Blume)

テンナンショウ(天南星)の写真

テンナンショウ(天南星)の写真

サトイモ科テンナンショウ属のテンナンショウ(天南星)(学名:Arisaema serratum)は別名をヤマゴンニャク(山蒟蒻)、ヘビノシャクシ(蛇杓子)、クチナワビシャク、ヘビノハシバコ、ヘビノアンドン、ヘビコンニャク、ヘビノマクラ、ヘビノタイマツ、ヘビノコシカケといいます。日本では天南星と言った名前が付いており、東アジア、アフリカ、北アメリカが原産地です。

サトイモ科テンナンショウ属の耐寒性多年草。開花時期は5月~6月。花色は白色緑色紫色。世界で約150種があり、日本では約30種ほど。

花言葉
壮大な美
誕生花
[6月1日][6月6日]
英語
Arisaema japonicum Blume
学名
Arisaema serratum
和名/漢字
天南星
別名
ヤマゴンニャク(山蒟蒻)、ヘビノシャクシ(蛇杓子)、クチナワビシャク、ヘビノハシバコ、ヘビノアンドン、ヘビコンニャク、ヘビノマクラ、ヘビノタイマツ、ヘビノコシカケ
科属名
サトイモ科テンナンショウ属
原産地
東アジア、アフリカ、北アメリカ
季節
夏の季節


花に関係する音楽

田村虎蔵:青葉の笛

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト:すみれ



その他の夏の季節に咲く花


このページのQRコード QRコード

メールを送る