1. HOME
  2. 春の季節の花言葉
  3. オジギソウ(お辞儀草・含羞草)の花言葉

オジギソウ(お辞儀草・含羞草)の花言葉

オジギソウ(お辞儀草・含羞草)(英語:Sensitive plant)

オジギソウ(お辞儀草・含羞草)の写真

オジギソウ(お辞儀草・含羞草)の写真

マメ科オジギソウ属のオジギソウ(お辞儀草・含羞草)(学名:Mimosa pudica)は別名をネムリグサ(眠り草)、ミモザといいます。日本ではお辞儀草、含羞草と言った名前が付いており、ブラジルが原産地です。

開花時期は7月~10月。花色はピンク色。名の由来は、葉に触れると閉じて葉の軸の付け根からか下向きに折れることから、オジギソウ(お辞儀草・含羞草)といわれる所以。

花言葉
敏感」 「鋭敏」 「繊細な感じ」 「感じやすい心」 「デリケートな感性」 「謙虚」 「失望」 「三枝の礼
誕生花
[1月26日][1月30日][1月31日][4月15日][5月4日][5月5日][5月20日][9月18日]
英語
Sensitive plant
学名
Mimosa pudica
和名/漢字
お辞儀草、含羞草
別名
ネムリグサ(眠り草)、ミモザ
科属名
マメ科オジギソウ属
原産地
ブラジル
季節
春の季節


花に関係する音楽

フランツ・シューベルト:野薔薇

ピョートル・チャイコフスキー:「くるみ割り人形」Op.71a 3.花のワルツ



その他の春の季節に咲く花


このページのQRコード QRコード

メールを送る