1. HOME
  2. 春の季節の花言葉
  3. ゲッケイジュ(月桂樹)の花言葉

ゲッケイジュ(月桂樹)の花言葉

ゲッケイジュ(月桂樹)(英語:Bay laurel)

ゲッケイジュ(月桂樹)の写真

ゲッケイジュ(月桂樹)の写真

クスノキ科ゲッケイジュ属のゲッケイジュ(月桂樹)(学名:Laurus nobilis)は別名をローリエ、ベイ、ベイツリーといいます。日本では月桂樹と言った名前が付いており、地中海沿岸が原産地です。

開花時期は4月~5月。花色は黄色、ベージュ色。古代ローマ・ギリシャ神話では主神ゼウスとレートーとの息子、太陽神アポロンの霊木として崇められています。ゲッケイジュ(月桂樹)の枝葉で作った輪の冠を競技の優勝者にかぶらせたと伝えられています。

花言葉
栄誉と勝利」 「名誉」 「栄光」 「勝利」 「栄光の輝き」 「輝ける将来」 「輝ける未来
誕生花
[2月16日][2月28日][10月10日][12月9日][12月18日]
英語
Bay laurel
学名
Laurus nobilis
和名/漢字
月桂樹
別名
ローリエ、ベイ、ベイツリー
科属名
クスノキ科ゲッケイジュ属
原産地
地中海沿岸
季節
春の季節


花に関係する音楽

田村虎蔵:青葉の笛

フランツ・シューベルト:野薔薇



その他の春の季節に咲く花


このページのQRコード QRコード

メールを送る