HOME > ハス(蓮)

ハス(蓮)の花言葉

ハス(蓮)(英語:Lotus)


花言葉
雄弁」 「神聖」 「清らかな心」 「沈着」 「休養」 「神聖」 「離れゆく愛」 「遠ざかった愛
誕生花
7月3日)(7月8日)(7月16日)(9月26日


ハス科ハス属のハス(蓮)(学名:Nelumbo nucifera)は別名を水芙蓉(すいふよう、みずふよう)、池見草(いけみぐさ)、芙蓉(ふよう)、不語仙(ふごせん)、水の花といいます。日本では蓮と言った名前が付いており、インドが原産地となっています。

開花時期は7月から8月。池の水面から茎を伸ばして咲きます。花色は白色ピンク色。朝早くに花が咲き昼ごろには閉じる。地下茎(地中に埋もれる性質を持つ茎)はレンコン(蓮根)として食用になる。アジアの多くの国の国花。仏教では、極楽浄土は神聖な蓮の池、と信じられている為、お寺の境内にはハスを植えるようになった。仏像の台座にもハスの花の形をしている。

ハス(蓮)の写真

ハス(蓮)の写真

英語
Lotus
学名
Nelumbo nucifera
和名/漢字
別名
水芙蓉(すいふよう、みずふよう)、池見草(いけみぐさ)、芙蓉(ふよう)、不語仙(ふごせん)、水の花
科属名
ハス科ハス属
原産地
インド
季節
夏の季節

スポンサーリンク

花に関係する音楽

G.H.ネーゲル:白ばらの匂う夕べは

フランツ・シューベルト:野薔薇



その他の夏の季節に咲く花


このページのQRコード QRコード

メールを送る

スマホページ用QRコード QRコード

メールを送る


スポンサーリンク

七草の花言葉と誕生花を検索


季節の花言葉と誕生花を検索


月の花言葉と誕生花を検索



人気の花言葉ランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク