HOME > カブ(蕪)/スズナ(鈴菜・菘)
スポンサーリンク

カブ(蕪)/スズナ(鈴菜・菘)の花言葉

カブ(蕪)/スズナ(鈴菜・菘)(英語:Turnip)


花言葉
慈愛」「晴れ晴れと
誕生花
4月1日

アブラナ科アブラナ属のカブ(蕪)/スズナ(鈴菜・菘)(学名:Brassica rapa L. var. rapa、Brassica rapa L. var. glabra)は別名をカブラ、カブナ、カブラナ、スズナ(鈴菜、菘)といいます。日本では蕪と言った名前が付いており、アフガニスタン、地中海沿岸が原産地となっています。

カブ(蕪)の別名、スズナ(菘、鈴菜)は春の七草のひとつの呼び名で知られている。カブは世界中で栽培されて植物ですが、2変種の原産地があります。一つはアフガニスタン原産のアジア系と、中近東から地中海沿岸原産のヨーロッパ系に分かれています。開花時期は3月~4月。花色は黄色

カブ(蕪)/スズナ(鈴菜・菘)の写真

カブ(蕪)/スズナ(鈴菜・菘)の写真

英語
Turnip
学名
Brassica rapa L. var. rapa、Brassica rapa L. var. glabra
和名/漢字
別名
カブラ、カブナ、カブラナ、スズナ(鈴菜、菘)
科属名
アブラナ科アブラナ属
原産地
アフガニスタン、地中海沿岸
季節
冬の季節
スポンサーリンク

花に関係する音楽

ジャン・シベリウス:白樺

ジャン・シベリウス:はこやなぎ



その他の冬の季節に咲く花


このページのQRコード QRコード

メールを送る

スマホページ用QRコード QRコード

メールを送る

スポンサーリンク

七草の花言葉と誕生花を検索


季節の花言葉と誕生花を検索


月の花言葉と誕生花を検索



スポンサーリンク

スポンサーリンク