HOME > ミクリ(実栗)
スポンサーリンク

ミクリ(実栗)の花言葉

ミクリ(実栗)(英語:Bur reed)


花言葉
恋の傷み
誕生花
誕生花のない花

ミクリ科ミクリ属のミクリ(実栗)(学名:Sparganium stroniferum Hamilt.)は別名をサンリョウソウ(三稜草)、カワスゲ(川菅)、ヤガラ(矢柄)といいます。日本では実栗と言った名前が付いており、ユーラシアが原産地となっています。

浅い水辺に自生するミクリ科の多年草。花後、緑色球形の栗に似た集合果をつける。名前の由来は果実が栗のイガのように見えるところから名付けられました。生薬名:ケイサンリョウ(荊山稜)。根茎を漢方で腹痛・産後の出血性腹痛の鎮痛などに用います。開花時期は6月~7月。花色は白色

ミクリ(実栗)の写真

ミクリ(実栗)の写真

英語
Bur reed
学名
Sparganium stroniferum Hamilt.
和名/漢字
実栗
別名
サンリョウソウ(三稜草)、カワスゲ(川菅)、ヤガラ(矢柄)
科属名
ミクリ科ミクリ属
原産地
ユーラシア
季節
夏の季節
スポンサーリンク

花に関係する音楽

ジャン・シベリウス:ピヒラヤの花咲く時

ハインリッヒ・リヒナー:忘れな草



その他の夏の季節に咲く花


このページのQRコード QRコード

メールを送る

スマホページ用QRコード QRコード

メールを送る

スポンサーリンク

七草の花言葉と誕生花を検索


季節の花言葉と誕生花を検索


月の花言葉と誕生花を検索



人気の花言葉ランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク