HOME > ナツツバキ(夏椿)

ナツツバキ(夏椿)の花言葉

ナツツバキ(夏椿)(英語:Japanese stuartia)


花言葉:
愛らしさ」 「愛らしい人」 「はかない美しさ」 「哀愁
誕生花:
6月16日)(6月22日)(7月15日


ツバキ科ナツツバキ属のナツツバキ(夏椿)(学名:Stewartia pseudocamellia)は別名をシャラノキ(娑羅樹)といいます。日本では夏椿と言った名前が付いており、日本、朝鮮半島が原産地となっています。

日本、朝鮮半島原産のナツツバキ(夏椿)はツバキ科ナツツバキ属のツバキ科の中ではめずらしい耐寒性落葉高木。名前の由来は、夏にツバキに似ている花を咲かせることから付けられました。別名のシャラノキ(沙羅樹)は、仏教の聖樹、フタバガキ科の娑羅樹(サラノキ)に擬せられ、この名がついたといわれています。開花時期は6月~7月。花色は白色。「沙羅の花」が夏の季語

ナツツバキ(夏椿)の写真

ナツツバキ(夏椿)の写真

英語:
Japanese stuartia
学名:
Stewartia pseudocamellia
和名/漢字:
夏椿
別名:
シャラノキ(娑羅樹)
科属名:
ツバキ科ナツツバキ属
原産地:
日本、朝鮮半島
季節:
夏の季節

スポンサーリンク

花に関係する音楽

ジャン・シベリウス:孤独な松の木

グスタフ・ランゲ:花の歌



その他の夏の季節に咲く花


このページのQRコード QRコード

メールを送る

スマホページ用QRコード QRコード

メールを送る


スポンサーリンク

七草の花言葉と誕生花を検索


季節の花言葉と誕生花を検索


月の花言葉と誕生花を検索



スポンサーリンク